浪費癖を治して貯金をして風呂リフォームするのはどうかな?

浪費癖を治して貯金をして風呂リフォームするのはどうかな?

浪費癖を治して貯金をして家をリフォームするのはどうかな?

今後リフォームをする場合にはできるだけ浪費をしない生活を心掛ける事が必要です。

 

 

私の母は浪費家でどうしようもない人です。

 

・父親の退職金をすべて浪費して使い切ってしまう。
・退職金がなくなると父に離婚を迫り、慰謝料をよこせという。
・当時結婚していた私にお金を無心する。
・自分の年金(2か月に1度で10万支給)は2.3日ですべて使ってしまう。
・リボ払いで通販で買い物をし、残金がいくらかわからない
・消費者金融で借金をする
・物を買っても使わないので、家はゴミ屋敷のようになる。

 

と、母はこんな感じでお金に対しての執着とだらしなさは目に余るものがありました。

 

 

 

あなたのリフォームの願望はなんですか?一つの自分の理想をリフォーム業者にぶつけるのは一つではないですか?

 

 

リフォーム業者のおすすめ

 

 

 

出来るだけリフォーム業者は口コミでも評価が高いおすすめのリフォームを提案してくれる場所を選択するようにしましょう。

 

 

ちなみに、生活が厳しいということを言っていたので、独立していた兄と私は月々4万ずつ、家庭内別居をしていた父は月7万を母に渡していました。
当時母はアルバイトもしており、月2万の収入もありました。
母の年金は月5万(2か月に一度10万支給。)

 

計算すると、4万+4万+7万+2万+5万=22万

 

合計22万も収入があることになります。

 

しかも、家賃はなし、光熱費も父がすべて支払っているのでなし。支払いは自分の携帯電話代・ネット代の約1万のみ。

 

それにも関わらず、お金が足りないからと私にお金を無心してくる母。父にもお金を何度も借りていたそうです。(もちろん父も私も返してもらったことがありませんが。)

 

おかしいと思いながらも、母と関わるのが嫌だった私は黙ってお金を渡していました。

 

しかし、離婚後に実家に戻った後に色々な問題がでてきました。

 

お金の無心が更にひどくなりました。

 

しかも、お金を借りる理由は「お財布を落とした」など嘘とわかることばかり。正直あきれてしまいました。

 

そんな中、母の借金が判明。
50万程借入し、残金は25万程、リボ払いでの買い物支払いが7万程。
合計32万くらいの借金がありました。

 

しかも買い物したものは、飲んでいないサプリや着ない服など。元々だらしない人なので、買うだけ買って満足をしてしまうんでしょうね。冷蔵庫も腐ったものばかりでした。

 

借金については、支払いが滞っているものばかりで延滞料が取られてしまうものもあり、すべて私がチェックを行い、肩代わりをすることになりました。

 

その後は私がお金を管理し、月々のお小遣いとして母に渡すことにしました。

 

しかし、母は元々節約もお金の管理もやってこなかったので、月初めにお金を渡しても、1週間もしないうちに使い切ってしまいました。

 

更には、お金もないのに友達と旅行に行く約束をしてしまい、私がそれを支払う、私が入院していた時にもらったお見舞金を勝手に使う、お金が足りないと怒鳴るなど・・・。

 

元々ワガママで子供っぽい人なので、殴り合いの喧嘩になったり落ち着くまで1年以上かかりました。

 

それでも、コミュニケーションを沢山とり、話を聞いてあげるように心がけ、半月に1度35000円ずつ渡すことで収まりました。

 

現在は、マシにはなりましたが、浪費癖は中々収まりません。

 

 

これから年を取ってくると医療費もかかります。

 

 

母はお金がないので、すべて私が負担することになるので、不安は消えません。

 

 

 

最近では育毛剤、発毛剤にも影響を受けるようになってきました。特に最近では資生堂の育毛剤も人気ですよね。

 

 

資生堂 育毛剤

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ